割と人が多い電車に乗っているときに腕のあせもを確認してはならない

【キャッチスケッチ】イラストレーターAkiのイラスト日記【あせも】アイキャッチ

※本記事はすごくどうでもいい話です。

9月も終わり、なんとなく秋の気配も感じる気候になってきました。
とはいえ、暑い日は暑い。
私はどちらかというと汗かきの方で、しかも肌が弱いのであせもになりやすい体質です。
(あと、かぶれやすいです)

とくに、ココ。

この日は朝の通勤ラッシュとぎりぎり重なる時間帯に電車に乗っていました。
お天気も良く、駅に着くころには若干あせばむ陽気・・・。

しばらくして私はどうしても自分のあせもの具合が気になり、ひじの内側を確認しました。

同時に電車は停車駅へ。乗り降りするために車内で人がごそっと動いたその時・・・・

前を横切ったおじさんのおしりが手のひらに、きれいに乗っかりました。

わざとじゃないんです。本当にごめんなさい。

ひじの内側のあせもを確認するときは、周囲に人がいない場所でやることを強くオススメします。
一歩間違えればだいぶ危ないひと確定です。
ちなみにそのおじさんは、心よく笑って許してくれたから良かった・・・・。

余談ですが、ひじの内側は肘窩(ちゅうか)と言うそうですので、併せてご確認お願いいたします。